新グローバル海運企業ONE、Drupalで30以上の各国Webサイトを高速ロンチ

 
 

プロジェクト概要

ONE(オーシャン・ネットワーク・エクスプレス)は、日本の海運事業の上位3社である日本郵船、商船三井、川崎汽船のコンテナ船隊と海上貨物事業からなります。2016年、3社は競争の激しい海運業界で競争力をスケールするための合弁事業に合意、30億ドルを投資しました。

2018年4月に六大陸で事業を開始予定だったONEは、それまでに新ブランドでのグローバルなコーポレートサイトを立ち上げる必要性を認識。また、新たに30もの各国ローカルサイトを展開・管理する必要がありました。コーポレートサイトは、各国サイトのコンテンツを一元管理するハブとして機能します。

The Challenge

事業サービス開始に合わせグローバル・コーポレートWebサイトを立ち上げ、さらに短期間で30におよぶ各国サイトを順次展開、管理を可能にする必要がありました。

プロジェクト方針とDrupal・CI&T

計画期間内での新Webプラットフォームの提供開始を確実にするため、ONEは、開発時間を短縮するためにすぐに使えてカスタマイズが容易な機能を標準装備したフレームワークの採用をプロジェクト方針としました。

また、各国へのグローバル展開を考慮すると、再利用性・横展開の容易さはもう一つの重要な要件でした。

これらを含めコア要件を満たすDrupalは、本プラットフォームにとって理想的なコンテンツ管理システム(CMS)として選ばれました。

そして、ONEはパートナーとしてCI&Tを選択。これはCI&Tのこれまで培ってきた多くのグローバル企業とのDrupalプロジェクト経験と、Fortune 100 企業に対してリーン&アジャイルを適用してきた知見に期待してのことでした。

インセプション(企画・要件定義)フェーズでは、以下3点を本プロジェクトの重要なマイルストーンと考えました。

  • グローバルWebサイトの開発
  • 各国サイトの展開
  • コンテンツの追加・更新とローカライズ

CI&Tの関わり方

初回の開発スプリントでは、CI&TはONEのガバナンスチームと綿密な詳細検討を実施、主要なビジネス要件と技術要件や目標を確認した上で、Drupalがプロジェクトの遂行、パフォーマンス、市場投入時間などにおいて重要な役割を担うことを認識しました。また、リーンおよびアジャイルという価値観をONEとCI&Tが共有していたことも成功の重要な要素の一つでした。

CI&Tのリーン・デジタル方式に則り、5ヶ月足らずでUX/UIデザイン、プラットフォーム開発、テストを完了することができました。また、ロバストなアーキテクチャを設計・実装するうえで、CI&TのDrupalとAcquia Cloud Site Factoryの豊富な知見はキーとなり、スピーディーな開発といち早いバリュー・アクティベーションに役立ちました。

結果

サイトは2018年2月に正式公開、ONEは業務開始の2ヶ月前からブッキング業務を開始することができました。また、旧ソリューションと比較して改善された点の報告もONEから多く届いています。これら改善点はインセプションフェーズで設定された戦略目標の達成にも貢献します。

  • 顧客体験の大幅向上:整理整頓されたメニュー構成、レイアウト、そして位置情報に基づくポップアップリマインダ等により、利用者はONEのブランド・ビジネスとしてより価値ある体験にアクセスすることが可能に。
  • 各種機能の強化:ECおよびCRMツールとの統合により、スケジューリング、予約、船荷証券発行、出荷追跡、およびインバウンド処理などの幅広い機能を提供します。
  • 顧客エンゲージメントの改善:利用者は、ONEサービスに加入することでニュース・運航スケジュール・サーチャージ変更通知・等を受け取ることができます。
  • 優れたコンテンツガバナンス:CMSをDrupalとしたことで、全サイトのコンテンツを、コンテンツ管理チームは随時調整・更新できます。

The Solution

ONEは、プラットフォームの理想的なコンテンツ管理システム(CMS)としてDrupalを採用、ソリューション提供をCI&Tに要請。 実証済みのリーン・デジタル方式に則り、UX/UIデザイン、開発、テストを5ヶ月で完了。

お客様の声

2018年5月初旬時点で、ONEの重要顧客の多くが既に通常業務に本プラットフォームを使用しています。 本プロジェクトの成功により、CI&Tは挑戦的なプロジェクトも遂行可能なデジタルパートナーとして認められました。

ONE 戦略&イノベーションマネージャーのFreddy Fok氏は次のように述べています。

「海運業界の歴史において最もチャレンジングな統合において、多くの制約事項をマネージし、このようなプラットフォームを構築するのは容易ではありません。CI&T チームは、リーン&アジャイル方式の名に恥じず、グローバルサイトおよび各国ローカルサイトの構築において最高の貢献をみせました。今後もONEは、CI&Tおよびそのデジタルイノベーションチームとの協力を発展させていきます。」

 

 


CI&T Japan ニュースレター(月数回)
デジタル変革やCI&Tの最新動向をお届け!
購読希望フォーム:https://bit.ly/2tEX7t8

The Result

サイトは2018年2月に正式公開、サービス開始の2ヶ月前からブッキング業務を開始できました。 2018年5月初旬時点で、ONEの重要顧客の多くが既に通常業務に本プラットフォームを使用しています。

 

ONEについて
www.one-line.com

日本郵船、商船三井、川崎汽船の定期コンテナ船事業を事業統合したオーシャン・ネットワーク・エクスプレス(ONE)は、2018年サービス開始のグローバル・コンテナ船企業として、広範な定期コンテナ船ネットワークで世界90カ国以上をカバーします。ONEの強力な財務バランスシートとプロフェッショナルかつ経験豊富な組織は、世界最高水準のサービスとイノベーションを可能にします。また、250隻を超える船隊を保有、主要な貿易航路に積極的に参加し、最新ITシステムを導入、そして、広範なターミナル所有ポートフォリオを展開しています。 ONEは「large enough to survive, but still small enough to care」と自身を位置付けています。 詳細については、ONEのウェブサイト www.one-line.com をご覧ください。

 

CI&Tについて
www.ciandt.co.jp

CI&Tは20年以上にわたりグローバルでデジタルビジネスを提供しています。リーンアジャイルをベースに企業のデジタルビジネスの促進に貢献しています。世界6か国に拠点を持ち、2,500人を超えるストラテジスト、デザイナー、エンジニアが毎年グローバル企業100社のデジタルビジネスの構築を行っています。