aoki at adobe symposium

新規事業創造のヒント - AOKI「suitsbox」がAdobe Symposium 2018 に登壇されました

img
CI&T
09/22/2018
aoki at adobe symposium

2018年9月5日に開催された Adobe Symposium 2018 にて、CI&Tが企画・開発・運用を支援している「suitsbox」についてAOKI様が「ビジネスモデルの変革を支えるアドビの決済基盤」と題して事例登壇されました。

国内大手企業による新規事業創造に有効なプロセスやマインドセットが見られた登壇の様子、写真を中心にご覧ください。


 

デザイン思考を用い顧客の課題に立ち返った事業開発プロセス

まず、登壇の経緯としては、サブスクリプション型サービスであるsuitsboxは、EC基盤としてグローバルで評価の高いECプラットフォームMagentoを活用しています。最近MagentoはAdobe傘下となったこともあり、今回の事例登壇となった模様です。

前半はsuitsbox事業責任者 永沼氏が事業開発プロセスについて登壇。ここではUX調査およびサービスデザイン手法を用いており、CI&Tがサポートし各種ユーザー調査を実施。解決すべき課題を特定し、それに対してアイデアを創出、プロトタイピング、そしてユーザー検証を行いながら最終的なソリューションの導出が行われた流れについて述べられました。

 

aoki suitbox concept
調査・検証を経てブラシアップされたsuitsboxのコンセプト

 

 

aoki suitbox problem
種々のユーザー調査から割り出されたユーザー課題

 

 

aoki suitbox solution
テストユーザーに対して仮説検証した上でのソリューション

 

 

リーン思考、アジャイル開発手法を用いたシステム構築

後半は、suitsboxプロダクトオーナーの谷澤氏が登壇。システム構築の観点で用いたマインドセット・手法や、アーキテクチャについて言及されました。システム構築フェーズではリーン思考およびアジャイル開発手法を活用、新規ビジネス創造の日々変化する要件・状況に効率的に対応された様子が語られました。

 

aoki suitbox partner
デザイン思考、リーン思考、アジャイル開発に基づきCI&Tが企画・開発をサポート

 

 

aoki suitbox schedule
予定の4月末より早くMVP(Minimum Viable Product)状態でリリース

 

 

aoki suitbox architecture
リーンにクラウド(SaaS、PaaS)をフル活用したシステムアーキテクチャ

 

 

aoki suitbox magento
Magento活用のメリットは、新規ビジネス要件にフォーカスできる安定性、拡張およびカスタマイズ性

 

 

aoki suitbox agile
新規ビジネスだからこそアジャイル開発で日々変化する状況に対応

 

新規ビジネス創造に効果的なデザイン思考、リーン思考、アジャイル開発

登壇を拝見しましたが、直後にはステージ前に名刺交換の列も。多くの方がAOKIのような新規事業の創造・開発ストーリーに興味を持たれてる様子でした。(同様の状況は AOKI様およびCI&Tが登壇したKaizen IT Summit in Gifu 2018 でも見受けられました。)

CI&TはAOKI様との取り組みを経て、このような国内企業およびグローバルエンタープライズの新規事業創造にデザイン思考、リーン思考、アジャイル開発が効果的であることの認識を深めました。今後もこのような支援・協働を推進いたします。


参考

事例紹介 AOKI 新規スーツ・サブスクリプション事業「suitsbox」をCI&TとMagentoでスピード開発